Event:Common Lisp フォーラム:1989

Event:Common Lisp フォーラム:1989

関係各位
                                       社団法人 日本電子工業振興協会
                                       マイクロコンピュータ技術委員会
                                       L I S P 研 究 会  

                 COMMON LISP フォーラム
                        〜 参加のご案内 〜

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます.
 平素は,当協会の関連事業にご支援,ご協力を賜わり厚くお礼申し上げます.
 さて,当協会ではかねてから人工知能(AI)や記号処理等の研究開発にと
もなうLISP言語に関する調査活動を進めておりますが,LISPの国際性
に鑑み,マイクロコンピュータ技術委員会の活動の一環としてLISP研究会
を設けて具体的活動を行うことに致しました.
 当研究会では,この分野の有識者によって Common Lisp の現状及び将来展 
望についてのプレゼンテーションを行うととともに,これらを中心にも加わっ
ていただいて討論会を行うという形のCOMMON LISPフォーラムを下
記により開催することといたしました.
 つきましては,LISP言語に携わっている関係各位が同フォーラムを通じ
て相互の意見交換等ができる絶好の機会でありますので,ご多忙中とは存じま
すが,是非ともおさし繰りのうえ,ご参加下さいますようご案内申し上げます.
                                                                 敬具
                                 記

1.日時:平成元年6月6日(火)午前9時30分〜午後5時まで

2.場所:機会振興会館 地下2階ホール

3.参加費:無料

4.プログラム:

5.申込方法
下記申込書に所要事項を記入のうえ,当協会へ回送下さい.(FAX でも可,聴
講券はありません.)
キャンセルされる場合は事前にご連絡下さい.

5.ご連絡先
  社団法人 日本電子工業振興協会
  パソコン・マイコン担当 狩谷(カリヤ)
  〒105 東京都港区芝公園三丁目5番8号
  電話 03-433-1923 FAX:03-433-6350
                                                               以 上
  Common Lisp フォ−ラム 参加申込書
大学、会社名:
所在地:
電話番号:
        参加者氏名:                          所属、役職
        1.
        2.
        3.

プログラム
        「COMMON LISP フォーラム」
        〜Common Lisp はどれだけ普及するか〜

近年,コンピュータの利用分野が拡大するに伴い,様々な言語が使用される中,
Lisp言語もまた標準化への動きとして Common Lisp が設計,使用されている.
当協会では,このような状況下で,「今後 Common Lisp が,どれだけ普及し 
ていくのか?」をサブテーマに Lisp が抱えている現状問題,技術動向につい
てご紹介するとともにこれら課題についてのアンケートを実施し,これを中
心に参加関係者と討論を行うことととする.

 9:30 〜 10:30   COMMON LISPの最近の話題
                現在の Common Lisp の仕様の中での重要な点と最近の動向 
        について説明する.
                           青山学院大学 情報科学研究センター
                                           助教授 井田昌之氏

10:30 〜 11:20   Common Lisp Object System について
        Common Lisp のオブジェクト指向機能として,CLOS(Common
        Lisp Objecto System) が米国 ANSI 標準に採用されようと 
        している.CLOS の基本からメタオブジェクトプロトコルま 
        でを解説する.
                 日本電気(株) C&C 共通ソフトウェア開発本部
                                                   吉川昌澄氏

11:30 〜 12:20   CLXとCLUEについて
        CLX は,Xウインドウシステムの Common Lisp インタフェ 
        ースである.また,CLUE は,CLX 上に CLOS を用いて設計 
        されたユーザインタフェース開発用ツールである.これらを
        紹介し,今後の Common Lisp のためのウインドウシステム 
        の動向を考える.
                                 日本ユニシス(株)川辺治之氏
                     (現在,電総研・言語システム研究室出向)

12:20 〜 13:20   休憩

13:20 〜 14:20   Gnu Emacs Lisp について  〜招待講演〜
        Gnu Emacs のシステム言語である Emacs Lisp について
        Common Lisp との対比を中心に紹介する.
                       電子技術総合研究所 言語システム研究室
                                                   戸村 哲氏

14:20 〜 15:00   Common Lisp の日本語化の現状
        国内における Common Lisp の日本語化の現状について考え 
        る.
                               電子技術総合研究所 推論研究室
                                                   元吉文男氏

15:10 〜 16:00   LispとCの記述性の比較について
        LISP と C でいくつかの例題を実験的に記述し,記述量,書
        きやすさ等を比較してみた.実験結果の報告とともに今後の
         Lisp の普及について考える.
                                 (株)日立製作所 中央研究室
                                                   湯浦克彦氏

16:00 〜 17:00   討論会
        討論会をはじめる前にあたって,参加者に簡単なアンケート
        調査にご協力いただき,その結果をもとに Lisp の将来展望
        について考察を致します.
        フォーラム参加者全員および発表者

Last modified : 2012/02/11 21:54:56 JST
CC0 1.0
Powerd by WiLiKi 0.6.1 on Gauche 0.9