処理系


Tag: 処理系

Common Lispの言語規格に準拠した処理系についてのページです。




ANSI

ANSI Common Lispに準拠している処理系。

商用

Allegro Common Lisp (Allegro CL, ACL)

ネイティブコードコンパイラ。代表的な商用の処理系。優れた開発環境と強力なライブラリを持つ。高価。

Corman Lisp

ネイティブコードコンパイラ。Intelのプロセッサで動作するWindows用の処理系。充実したWindowsサポートが特徴。

LispWorks

ネイティブコードコンパイラ。代表的な商用の処理系。

Scieneer Common Lisp (SCL)

ネイティブコードコンパイラ。CMU Common Lispから派生した。性能重視のエンタープライズ向け。

フリー

Armed Bear Common Lisp (ABCL)

Javaバイトコードコンパイラ。Java仮想マシンで動作する。

CLforJava

Javaバイトコードコンパイラ。Java仮想マシンで動作する。

CLISP

バイトコードコンパイラ。GNUプロジェクトの一部。速度は程々だがメモリ使用量が少ない。

Clozure CL (CCL)

ネイティブコードコンパイラ。商用の処理系のMacintosh Common Lispから派生したのでMacに強い。

CMU Common Lisp (CMUCL)

ネイティブコードコンパイラ。オブジェクトコードの速さに定評がある。

Embeddable Common Lisp (ECL)

Cへのトランスレータ。Kyoto Common Lispの系譜。移植性が高く、コンパクトで、Cと連携しやすい作りになっている。文字コードの扱いに難有り。

ManKai Common Lisp (MKCL)

Cへのトランスレータ。Embeddable Common Lispからの派生。

Steel Bank Common Lisp (SBCL)

ネイティブコードコンパイラ。代表的なフリーの処理系。CMU Common Lispから派生したので、オブジェクトコードの速さには定評がある。

Ufasoft Common Lisp

バイトコードコンパイラ。コアの部分をC++で書き直したCLISPの派生。

XCL

ネイティブコードコンパイラ。カーネルがC++、コンパイラ部分がLispで書かれている。


CLtL2

Common Lisp the Language, 2nd Edition(1989年)に準拠している処理系。


CLtL1

Common Lisp the Language(1984年)に準拠している処理系。

GNU Common Lisp (GCL)

Cへのトランスレータ。GNUプロジェクトの一部。Kyoto Common Lispから派生した。


その他

xyzzy

Xyzzy Lisp(Common Lisp準拠度6割程度)を組み込んだWindowsのエディタ。


Last modified : 2011/10/22 06:15:59 JST
CC0 1.0
Powerd by WiLiKi 0.6.1 on Gauche 0.9